2007年08月10日

ONとOFFの切り替え

先日、人材派遣業のT氏に誘われて、久しぶりに釣りへ行ってきた。                
場所は、外房大原沖。
ここは、イサキやオニカサゴ、シマアジなどが釣れるスポットだが、
私が釣ったのは外道の巨大なウマヅラと小ぶりのイサキ、計2匹。
ぼうず(一匹も釣れないこと)ではなかったし、仲間が釣ったのでヨシとする。

今回は、現地に前泊し、当日は早朝4時半に出港。
昼間は浜に戻って、仲間8人でバーベキューを楽しんだ。
当然、朝から飲むわけで、約12時間余り飲み続けていただろうか。

このところ、常に頭の中は仕事のことで一杯で、休日でもなかなか
ONとOFFの切り替えがつかなかったものだが、思い切って遠出を
してみると、これが上手い具合に簡単にスイッチが切り替わる。
たまにはこうして自然の中で心身共にリフレッシュさせることは
必要だな、とつくづく思った。

人間というのは、自然の中では無力な存在である。
こうなると、大らかな気持ちになって自然に身を任せてしまうよりほかない。 
次第に、緊張感から開放される。
それまでひっきりなしに稼動されていた脳も十分に休ませることができた。

日常の空間では、なかなか芯からリフレッシュすることが難しいという人は、
一度、重い腰をあげて、自然の中へ身を投じてみたらどうか。
おそらくイヤでもリフレッシュして、ストレスも解消することだろう。

%E9%87%A3%E3%82%8A2.jpg

今回、私の釣果はどうあれ、二年ぶりの釣りは非常に楽しかった。
次は、我が社の釣り名人・金澤と相模湾沖まで行って、
生きイワシエサの一本釣りでカツオを狙うか!!


  

by  | 2007-08-10(16:53) | 趣味のこと | Trackback