2007年08月27日

夏の終わりに…

「麻布十番納涼まつり」といえば、毎年多くの人出を記録する東京の祭りである。
今年は、8月24~26日までの3日間開催された。

歩けないほどの人いきれの中、私は友人たちと麻布十番で人気の韓国料理店
『鳳仙花』にて食事をしてきた。
ここは、銀ダラの辛子煮とホルモン鍋(コチュジャンの辛味噌味)が絶品の店だ。
この時期、お約束のように辛いものが食べたくなるが、
そうしたときには必ず行くのがココなのである。

▼鳳仙花
http://www.housenka.co.jp/

それにしても、日本人はつくづく祭り好きな民族だと思う。
この麻布十番納涼まつりと同時期に、東京・杉並区の高円寺では阿波踊りが
開催されていたが、こちらも本場・徳島の阿波踊りを凌ぐほどの人出だったとか。
これだけの猛暑であっても、どれだけ人混みとわかっていても、
みんな祭りとなれば臆することなく足を運ぶ。
祭りとは、それだけ魅力のある一大イベントなのだろう。

余談だが、祭りの後の、妙に寂しく切ない静けさというのも、
私は嫌いじゃなかったりする。

さて、今年はまだまだ厳しい残暑が続くことだが、夏休み気分はスパッと
切り替えて、夏バテとも無縁に身を引き締めていこうと思う。

nabe_01%5B1%5D.jpg

by  | 2007-08-27(18:15) | 趣味のこと | Trackback